080-9508-0210

ブログ

2018/06/12(火)

モートン病の原因について【高石市の慢性腰痛専門整体院 natura-ナチュラ-】

カテゴリー:モートン病

 

 

From 前田祐樹

 

大阪高石の治療院より、、、

高石市で唯一の慢性腰痛専門 整体院 natura-ナチュラ-

 

こんにちは!

さて今日は『モートン病の原因』についてお伝えしていきます!

 

まずモートン病のおさらいですが、足の人差し指と中指の間、中指と薬指の間、そしてそこから指先にかけての場所に、何らかの神経の圧迫が起こることによって痛みやしびれが出る疾患でした。

 

 

ではなぜこの痛みやしびれが出てしまうのか?

モートン病の原因

それは『アーチ構造の崩れ』が大きい要因になります。

 

 

まずアーチとは何なのか?ということが大事になってきます。

 

足裏のアーチ

アーチというのは橋の形にもあるように、半円形の丸みを帯びた構造を言います。

人間の足裏にもアーチ構造があります。

代表的なのが、足の土踏まずですね。

平でなく丸みを帯びているかと思います。(人によっては扁平足になりアーチが崩れている方もいらっしゃいます。)

 

 

人間には3つのアーチがあり、横アーチ、内側縦アーチ(土踏まず)、外側縦アーチがあります。

このアーチがあることで人間は、足裏からの衝撃を吸収し、かつ地面から受けた衝撃を前に進む推進力に変えています

これがアーチの非常に大切な役割です。

 

 

ではこのアーチが崩れているとどうなるでしょうか?

衝撃が吸収できずに、直接足裏に負担がかかってしまいます。

もちろん足裏を傷める原因にもなってしまいます。

 

 

モートン病と特に関係が深いアーチ

それが横アーチです。

横アーチが崩れてしまうと、モートン病に関係する足の人差し指と中指の間、中指と薬指の間の神経が直接圧迫されてしまいます。

 

 

この横アーチが崩れた状態を開張足と言います。(横アーチの場所にタコがある方はアーチの崩れがある証拠ですので要注意です。)

結果、痛みしびれを引き起こしやすくなります。

 

 

さらに靴選びも大事で、締め付けの強い靴や横幅の狭い靴、ハイヒールなどは要注意です。

なるべく避ける様にしましょう。

 

 

以上『モートン病の原因』についてお伝えしました!

次回はモートン病のセルフケアをお伝えします(^ ^)

 

 

続きはコチラ↓↓

<<クリック↑して動画を見る>>

本日もご覧頂き本当にありがとうございました(^^)

 

 

 

−前田 祐樹

 

高石 腰痛

高石 坐骨神経痛

高石 ヘルニア

高石 ぎっくり腰

高石 脊柱管狭窄症

高石 すべり症

高石 産後腰痛

必ず原因はあります!

絶対に諦めないでください!

 

 

大阪、高石市、和泉市、泉大津市、堺市で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで
↓↓
高石市の「慢性腰痛」専門 整体院 natura-ナチュラ- 専用電話

080-9508-0210

「はい、整体院 ナチュラです!」と電話に出ますので、
「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

ブログ一覧はこちら

 

最新記事一覧

 

ブログカテゴリ一覧

 

 

施術のレベルを維持するため1日1名限定割引

ご予約は今すぐお電話で

080-9508-0210

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※診察時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。